『社長様の立場にたって答えを見つけること!』

Q&A

  • 就業規則
  • 労働契約
  • 労務監査
  • 裁判員制度
  • 給与・勤怠管理
  • 社会保険
  • 退職金
  • メンタルヘルス

裁判員制度

Q.会社への届出義務を課しても差し支えないでしょうか?
社員が裁判員候補者として裁判員等選任手続き期日に呼び出しを受けた場合には出頭義務があります。したがって会社は本人の仕事の調整を行って出頭を確保するための配慮を行う必要があるため、裁判員候補者となったことを上司等に届けさせることは差し支えありません。

▲ページトップへ

Q.裁判員として会社を休む日の給与は支払うのでしょうか?
裁判員としての職務を行う時間については、労働基準法第7条「公の職務を執行するために必要な時間」に該当するため休暇を承認しなければなりません。
しかし、有給無給の定めはありませんので無給でも構いません。但し、社員が有給休暇消化の申し出をした場合は、承認して給与を支払うことになります。

▲ページトップへ

Q.賞与算定時出勤率を考慮する場合、出頭した日は欠勤でしょうか?
裁判員法において、裁判員等であることを理由とする会社の社員へ対する不利益な取扱を禁止しています。そこで、裁判員等の出頭のための休暇取得日については、出勤率の算定上は、分子・分母から除外して当日は労働日ではなかったものとして取り扱うことが妥当でしょう。

▲ページトップへ

Q.不選任となった社員が午後から出勤する途中に事故にあったら通勤災害になるのでしょうか?
現在のところ明確ではありませんが、公務災害(国家公務員災害補償法)若しくは通勤災害(労働者災害補償法)の対象になると考えられます。
*・・・裁判員の職務中は、非常勤の裁判所職員であり、常勤の裁判所職員と同様に、国家公務員災害補償法の規定の適用を受けます。

▲ページトップへ

  • 就業規則
  • 労働契約
  • 労務監査
  • 裁判員制度
  • 給与・勤怠管理
  • 社会保険
  • 退職金
  • メンタルヘルス